特徴と種類

ヌメ革の楽しさとクロム革の強さを併せ持った新素材

ヌメ革の楽しさは
  • 使い込むほど艶が出て飴色に変化します。
  • キズやトラなどがあり素材の表情をお楽しみ頂けます。
  • コバ磨きが出来ます。(作品の完成度が高くなります。)
  • etc
クロム革の特徴
  • 軽くて丈夫です。
  • コストパフォーマンスに優れています。
  • 納期が比較的早いです。
  • etc
写真 2015-11-09 11 11 45_R

アルコタンニンレザー

アルコタンニンレザーとは、アルコシリーズ(ベーシック・モイスト)の代表的な総称です。

製造方法としましては脱クロム製法ですが、通常の製法より更に極端な程にクロムを取り除き、多量のタンニンで再鞣しを行った究極のHybridレザーです。

革の表面(銀面)はヌメ革のように革らしく、芯にクロム成分が残っていますので引き裂き強度にも優れています。

またヌメ革より軽量であるため鞄などの革製品にご利用頂いた場合、革製品そのものが重く感じる事も少なくなります。

原皮は皮としての質が良いとされる北米産を採用。
そして、革らしいと言ってもキズなどが比較的少ないAクラスを使用しています。

アルコベーシック

一般的なフルタンニンのヌメ革に相当する仕様で仕上げています。
鞄、財布のような革小物と汎用性が高く、作品製作後使い込みとメンテナンスを施すことで革らしいエイジングを演出してくれます。
<カラー>・キャメル・ネイビー・グリーン・ブラック・ダークブラウン・生成り
<厚み>2.3mm前後

ダークブラウン

詳細はこちら>>

アルコモイスト

一般的なオイルドレザーに相当する仕様で仕上げています。
しっとりと柔らかく、クロムの特徴である軽さと丈夫さを兼ね備えております。
また撥水性があり、雨や傷に強いのがアルコモイストの最大の特徴です。
<カラー>・モカ・バーガンディ・グリーン・ブラック
<厚み>2.3mm前後

アルコタンニンレザーのお求めはこちら